りゅーねブログ

アイドルヲタクがツイッターでは文字が足りない時に書く独り言です。あなたの貴重な時間を泥棒します。

MENU

今井マイ生誕「今井マイ生誕」の感想

今回は今井マイ生誕のこと、それに伴って今井マイについて書きたいと思う。

 

えったんの時と同じく、むすびズムをしらない人向けにプロフィールから。

 

musubizm.asobisystem.com

 

 

ニックネーム
今井さん、今井

 

これ、はじめてむすびズム現場に行った時とてもびっくりした。

むすびズムは毎回順番に自己紹介をするのだが、今井の順番が最後となっている。

 

えったん、るりちゃん、ミサちゃん、なみちゃんの順に自己紹介をしていって自己紹介を終えた人が次のメンバーに自己紹介を振るのだが、なみちゃんが

「次は今井ー!」と自己紹介をしたときなぜ一人だけ苗字なのだろうと強烈なインパクトを受けたことを覚えている。

 

今井はむずびズムの中ではるりちゃんの次に年齢が低いのだが、いつも落ち着いていて凄く大人っぽいイメージだ。しかも同じグループになみちゃんという次元を超越した合法ロリ(褒めてる)がいるので特に大人っぽく見える。

 

むすびズムのはじめての接触が全チェキだったのでそのとき今井ともお話ししたのだが、着ていたBiSのシャツに気がついてくれてBiSの話をしてくれてとっても楽しかったことを覚えている。

 

私は夏のアイドル横丁のあのステージ以来、むすびズムの曲の中でSummer Repeatが一番大好きになったのだが、落ちサビの今井ソロが抜群に良くこの曲の魅力を凄く引き出しているなと感じている。

 

解散発表の日の定期公演で、全員握手に行った私はもうめちゃくちゃに泣きじゃくってしまったのだが、一番最後の今井の握手に行った時に今井は笑顔で凄く優しく励ましてくれてあの時は本当に救われたしママだった。

 

実は個別チェキにまったく行けてなかったのだが、誕生日当日にタワレコ横浜ビブレでリリイベがあったのでそこで初めて個別チェキを撮った。

その日たくさんのむすびーズが今井のお誕生日を祝うため横浜まできていて、平日かつ都内からちょっとはなれた横浜という場所だったのにもかかわらずイベントスペースに入りきれないくらいの人がきていた。

 

今井列がものすごく長くなっていて、接触にいった今井が情報を処理仕切れなくなってて頭が混乱している感じだった。

今井は凄くお話ししやすくて話していてとても楽しいし、他のメンバーにはない独特の緩さと安心感がすごく魅力的だ。

 

生誕の前日はプレゼントとお手紙を買って、当日の朝にお手紙を書いた。

思ったよりもすらすら言葉が出てきて、自分は今井のことをちゃんと見てたんだなーと改めて気付かされた。

 

ここからは生誕祭りのことを書くが、本人が素晴らしいブログを書いてくれているので是非そちらを参照してほしい。

タイトルが一切生誕に触れてないのも味があって良いね。

lineblog.me

 

迎えた生誕当日、会場は慣れ親しんだ恵比寿CreAtoだった。

 天気は小雨が振っている感じで寒い朝だったが、10時30分には会場について物販でとりあえずグッズ系を全部購入した。

 

会場付近では生誕の準備のために、有志の方が一生懸命準備を進めていた。

 

今回の整理番号はちょっと遅めの90番だったのでだいたい4列目くらい。

ちょっと視界は悪かったがなんとか見れるという感じ。

 

ふと後ろをみると気合の入った横断幕!

電球のイルミネーションもついていて凄く綺麗だった。

 

 

そして始まった生誕ライブ、はじめは今井1人でのステージ登壇。

生誕ライブが幕を開けた。

 

ソロ1曲目: 3WD/Task have Fun 

3WDと言えばこの夏めちゃめちゃ跳ねたキラーチューン。

まさかあの楽しい振りコピをむすび現場でできるとは思わなかった。

「今井、いくぜ!」で会場がとってもあったまった。

歌い終わった後めちゃめちゃ疲れた様子で「1人でやるきょくじゃないね」と言っていたのもまた今井らしいなと思った。

 

ソロ2曲目: 10年桜/AKB48

今井が初めて握手したアイドルがAKB48渡辺麻友とのこと。

AKB48との出会いがなかったらアイドルとしての今井はいなかったのかぁとか、卒業はスタートさという歌詞は卒業してからも前向きに進んでいけるのかなぁとかいろいろ考えながら聞いていた。懐かしい曲と今井の素晴らしいパフォーマンスで凄く感動した。

 

コラボ: Our Music/天晴れ原宿

今回の生誕のゲスト、天晴れ原宿の東雲しのさんとのコラボ。

天晴れ原宿は詳しくなくてOur Musicも失礼ながら初見だったんだが、凄く良い曲だったし2人になったことでリラックスして楽しそうに歌っている様子をみてこっちも楽しい気持ちになった。

 

 

ここで「仕事仲間ー」との呼びかけでむすびズムのメンバーが登壇。

むすびズムの曲は以下の3曲行われた。

summer repeat
恋の戦士
またね

 

期待していた「summer repeat」をやってくれて本当に嬉しかった。

この曲、歌詞・曲調・振り付け、全てにおいて完成度が高くてだいすきなのだが、やはり今井の落ちサビがこの曲の雰囲気にぴったりで最高だなとおもった。 

 

ソロ3曲目:きっかけ/乃木坂46

アンコール明けの1曲目、失礼ながら乃木坂の曲はインフルエンサーおいでシャンプーしかしらない超にわかなのでこの曲はしらなかったのだが、すごくいい曲でこんどじっくり聞いてみようと思った。

着替えたドレスもあいまって凄く雰囲気が出ていて、見惚れてしまった。

 

これで今井のソロ曲は全て完了。そしてMC。

 

やりたいことが決まってなかったので声をかけられてアイドルになったこと、アイドルを続けていていろいろ悩みがあったこと、最初のころは人と話すのが苦手すぎてザ・塩対応という感じの対応になってしまったこと、今はアイドルを続けていてよかったと思っていること等、胸の内を正直に話してくれた。

最終的にアイドルをやってよかったと思えたことが本当になにより嬉しいなと思った。

 

ソロ曲の全部アイドルの曲だったのも、今井がアイドルという存在を今も凄くポジティブに感じられているからこそなのかなと思った。

 

初期の頃の今井のことは見れてないのだけれど、自分でも言っているくらいだから本当に人と話したりするのが苦手なんだったと思う。アイドルはステージ上でのパフォーマンスも大切だが、ファンとの交流もとっても大切になるお仕事だと思う。

そう言う観点からみると、今井は凄くアイドルには向いていなかったんじゃないかなと思う。

 

でも、ステージ上で堂々と歌う今井の姿はとってもキラキラしていたし間違いなくアイドルだった。

むすびズムの活動を通して、メンバーやむすびーズと一緒にいろいろな経験をしたことが今の今井の魅力になっているんだろうなと思った。

そしてそれは、むすびズムのメンバーじゃなくなった後でもとっても大切な今井の財産であり続けるだろう。

 

本当に今井がむすびズムのメンバーで良かったなと改めて思った素晴らしいステージだった。そしてこれからも今井の変化を見届けたいなとも同時に思ってしまった。

 

MC後にはプレゼントタイム。

えったんの歌うバースデーソングとともに手作りのむすびーズのチェキにメッセージを添えたアルバムと、白雪姫のケーキが送られた。

アルバムの手触りをとっても褒めていた。

 

 

 

メンバーからのプレゼントはインスタグラムにあげるということで中身は会場では発表しなかったのだが、営業力高いなと感心した。

www.instagram.com

 

そして最後に、なんだかんだで一番大好きな曲という振りでむすびズム全員で「マエヲムケ!」を行った。

やっぱりメンバー全員にとってやっと出せた1stシングルへの思い入れは凄く強いし、それは今井も同じなんだなと思った。

むすびーズの「おマイが1番!今井!」のコールにはいつも以上の気合が入っていた。今井がこの曲が好きという理由には、このコールがあるというのもあるのかなと思った。

 

特典会では今井列が長すぎてプレゼントを渡すことができなかったが、チェキを2"マイ"撮ってちゃんとライブの感想をいうことができたので良かった。

(次の日のリリイベで無事渡せました)

 

いつもどおり最後まで特典会に残っていた。

締めの挨拶後、いつもどおり今井に絡むむすびーズに対してにやにや混じりの嫌そうな顔をしながらちゃんとかまってくれる今井をみて今日もむすびズムの現場に来れて本に幸せだったなという気持ちを噛み締めた。

 

生誕でいろいろ準備したみなさん、むすびズムのみんな、そして今井マイさん。

みんなのおかげで本当に良い生誕を見ることができました。

幸せな時間をありがとうございました。

 

おマイが一番、今井!