りゅーねブログ

アイドルヲタクがツイッターでは文字が足りない時に書く独り言です。あなたの貴重な時間を泥棒します。

MENU

むすびズム「恋の戦士」リリースイベントを終えての感想

2017年12月26日、むすびズム恋の戦士のリリースイベントがファイナルを迎えた。

むすびズムのリリースするタイトルはこれで最後になるため、リリースイベントとしてもファイナルとなる。

 

今回はとても素晴らしかったリリースイベントファイナルの感想と、今回のリリースイベントの振り返りについて書きたいと思う。

 

2017年9月10日の錦糸町で始まった恋の戦士のリリースイベント、その時はまだタイトル未発表だったので恋の戦士はなかったが、定期公演で発表したまたねで締めるとセットリストだった。

 

 

この日は山田なみちゃんが体調不良で不参加だった。

次の3連休明けの18日の横浜ビブレ店では5人揃ったのでようやくリリイベ始まったなという感じだった。

 

リリイベの大きな魅力の1つはなみちゃんのMCだと思う。

なみちゃんは毎日いろんな内容のMCをしてくれるし本当に楽しそうに話すので、なみちゃんのMCがとても大好きだ。

 

前回の君に夢中のリリースイベントでは途中からの参加になってしまい、後半はほとんど全て参加できたけれど前半が全く行けていなかったので今回最初から参加できたのがとっても嬉しかった。

 

むすびズムにはCDを1枚購入すると得点券とは別にむすびクーポンというものがもらえて、そのポイントでメンバーと交流することができるというしくみがあった。

君に夢中の時の特典の目玉はボーリングとBBQだった。

私はポイントが足りなかったためこれに参加できなかったのが悲しかったので今回はなるべく参加して交流会にも行こうと決めていた。

 

しかし、クーポンのシステムがなくても毎回参加しただろう。

そもそもむすびズムのライブが見たくて見たくて仕方なかった。

 

というのも、むすびズムに通い詰めるようになったのは夏からなのだが、この夏はやむを得ない理由でむすびズムが自由に活動できていなかった。

 

そんな中で状態でのアイドル横丁のパフォーマンスが本当に素晴らしくて、むすびズムが自分の中ですごく特別な存在になった。

涙が止まらないくらい感動したし、これからもずっとずっとむすびズムを応援しようと心に誓った。

ryune04.hatenablog.com

 

ということもあってやむを得ない理由(友人の結婚式等)以外は基本的に参戦した今回のリリースイベント。毎回ライブも接触もとてもたのしく充実した日々を送っていた。

 

しかしそんなリリースイベントの途中でまさかの解散発表があった。

ryune04.hatenablog.com

 

これからもずっと応援していきたいと思っていたむすびズムに12月10日以降は会えなくなってしまう。

毎回参加するごとに、残りの会える回数がカウントダウンのように減っていってしまう。

 

本当に悲しかったけれど、今すべきことは悲しむことじゃなくて残された時間をむすびズムのみんなと少しでも多く過ごすことだろうなと思った。

 

この日から、他のアイドルのライブや私用を一切いれることを避けて12月10日までは完全にむすびズムのことだけ考えて生活しようと決めた。

 

場所がどこであろうと会いにいきたかったので急遽夜行バスにのって参加した名古屋のリリースイベント。この名古屋は本当に行って良かった。

 

ryune04.hatenablog.com

 

名古屋でのむすびズムは本当に楽しかったし、それに加えてむすびーズのみんなと仲良くなることができた。

 

私がむすびズムの現場を好きになった理由の1つに、むすびズム現場の雰囲気の良さというのがあった。ライブの時も特典会のときもみんな本当に楽しそうにしていて、それを見ていることで自分も楽しい気持ちになれた。

 

ただ、私はまだむすびズムに出会ってから日が浅いので、自分が入ることでその雰囲気に水をさしたくないなーとおもってイベントに参加しても他のむすびーズとの交流は遠慮してた。

しかしこの名古屋がきっかけでたくさんのむすびーズのみんなと仲良くなることができた。本当に行って良かったなと思う。

 

それからはリリイベで会うたびにむすびーズのみんなとお話できるようになって、現場で待ち時間にいろいろお話をしたり、終わってから一緒にご飯を食べたりとむすびズムの現場が今まで以上に楽しくなった。

 

むすびズムに会っているときは、悲しい気持ちを忘れて楽しい気持ち100%ライブや特典会を見ることができた。

むすびズムのみんなも、むすびーズのみんなも、全然しんみりムードを出さずに楽しい現場にしてくれて本当に救われた。私も、残りのライブは全部楽しい思い出として残そうと決めた。

 

解散は本当に心の底から悲しいのに、解散がきっかけで現場がもっと楽しくなったというのはなんとも皮肉な感じだ。

もっと楽しくなったからこそ、これからもずっとずっとむすびズムを見ていたいと願ってしまう。

そして、なくなってしまうのが本当に嫌だからこそ大切な場所だなと痛いほど気付かされる。

 

楽しい時間はあっというまで、リリイベも最終週に差し掛かった。

各店舗さんでMCをするとき、「今日でここでライブするのは最後」という挨拶が多くなってきた。

 

むすびズムはほんとうにどの店舗さんからも愛されていて、花束を送ってもらったり、店舗に大きくむすびズムのコーナーを設置してもらったり、今までの思い出をまとめてくれたり、いろいろな形でむすびズムを迎えてくれた。

 

これは、むすびズムのみんなが私たちの見えないところでも各店舗さんへの感謝の気持ちをしっかり持って接していた結果なのかなと思った。

ファン以外にもたくさん愛されるむすびズムのみんなは、アイドルとしてだけでなく人としても素晴らしいなと思ったし、むすびズムを好きになって応援してくれた店舗さんには本当に感謝の気持ちでいっぱいだった。

 

11月23日の勤労感謝の日には、ダイバーシティで外のライブ予定だったのだが朝家をでると雨が降っていた。

思えば前回の君に夢中のダイバーシティのリリイベの時も雨がふっていて店内のライブだったし、むすびズムの雨女ぶりにちょっと笑ってしまった。

 

そんな雨の午前中で完全に止んで、午後はライブができるとのことだった。

やっぱり外でみるライブはとっても楽しいし本当に楽しみにしていたから嬉しかった。

 

 

午前中が中止になったので、午後はいつもより多い7曲だった。

久しぶりのI'm a shootingstarはめちゃめちゃ盛り上がってものすごく楽しかったし、Milky wayからのまたねは歌詞が刺さりすぎて涙がでた。

 

やっぱり外でみるライブは開放感があって最高に楽しかった。

そしてこの日はマエヲムケの衣装だった。私はマエヲムケのときはリリースイベントに参加できていなかったので実際にみるのは初めてだったのだが、画像とか動画とかでみた衣装を実際に見れたのは本当に嬉しかった。

 

セミファイナルのTSUTAYA IKEBUKURO AKビルのリリイベも素晴らしい会場で本当に楽しかった。

この日大好きなSummer Repeatが聞けて本当に嬉しかった。

 

Summer Repeatの感想を伝えたすぎて今井列にならんで、アイドル横丁のあのライブで大好きになったことを伝えたらすごく共感してくれて嬉しかった。

 

そしてこの日印象に残ってるのがリリイベ後の打ち上げで劇団の方と仲良くなったことだ。

渡されたむすびズムのCDを聴いてくれると言ってくれた。

 

むすびズムからでなくむすびーズがきっかけでむすびズムに興味を持ってくれる人が増えるというのもとっても素晴らしいと思った。

飲み会という場でも世界を結ぶきっかけができるんだなと思ったし、やっぱりむすびーズの楽しい雰囲気はむすびーズ以外にも伝わるんだなと思った。

 

 

楽しく特典会に参加しているうちに、感謝状がもらえるかなーくらいだったむすびクーポンのポイントがリハーサルに参加できそうなくらいになっていた。

基本的にお金のないヲタクなので、自分がヲタクを始めてから、1回のリリイベでこんなにCDを買ったことはなかったが、どんな美味しい料理を食べるよりどんなに場所に旅行に行くより私にとっては幸せなお金の使い道だった。

 

そして迎えたリリイベファイナル。

最終日の会場はSpace emo。最近できた池袋のライブハウス。

ステージが低いのがちょっと難点なのでむすびズムのメンバーがちゃんと見えるか不安だった。

 

整理券は最終週のはじめの月曜日から配布していたので先に受け取っておいた。

番号は1部が22番、2部が20番だった。

ステージ向かって一番左側の3番目付近でみることができ、ステージ上もよく見える位置だった。

 

1部のセットリストは以下の通り。

 

 

I'm a shootingstar、our worldの盛り上がる曲に加えライブハウスということもあってすごい盛り上がりだった。

ファイナルらしくむすびーズの声も凄くでていて、とっても楽しかった。

締めがONE STEPだったのだが、この曲のときはステージ向かって左側にいるとるりちゃんに指差しレスができるのでこの場所でみれて本当によかったなと思った。

 

特典会では特典券1枚で似顔絵を書いてもらうコーナーがあった。

るりちゃんが凄く張り切っていたので、こちらもはりきって列に並んだ。

似顔絵のクオリティについてはコメントを控えさせていただくが、近くでるりちゃんが一生懸命似顔絵を書いている姿が見れたのがとても楽しかった。

あと、えったんにも書いてもらったが、短時間なのにとっても上手だった。

 

1部の特典会から30分もしないくらいで2部がはじまったのだが、本当にファイナルにふさわしい最高のライブだった。

 

2部はもたもたしているうちに、見えやすい位置にささっと入られてしまったので後ろの方のいつももりあがっているむすびーズがいる近くでみることにした。

 

初期衣装で登場したむすびズム

キミに夢CHU♡XX、確信のフライデーから始まってMCで盛り上がった後、盛り上がる曲で盛り上げてまたねで締めるというセットリスト。

 

マエヲムケ、まほカギでの盛り上がりが最高でリリイベというより完全にワンマンライブという感じだった。

前の方でじっくりむすびズムを見ながら盛り上がるのも楽しいけど、こうやって後ろでむすびーズと一緒に湧くのも最高だなと思った。

 

またねが終わってステージ上からメンバーがいなくなると、すぐに「アンコール」が始まった。リリイベでアンコールというのは初めてのことだったが、もっとみたいというむすびーズのみんなの気持ちは一致していてとっても大きなアンコールになった。

 

そしてアンコールに応えてでてきてくれたむすびズムのメンバー。

流れた曲は「むすび☆イズム 」

 

初期衣装ででてきた時からみんなが期待していたむすび☆イズムがアンコールに答えるという形で聞けたのが本当に最高だった。

今回のリリイベで一番なんじゃないかというくらいの盛り上がりで、ほんとうにほんとうに楽しかった。

 

ファイナルがemoに決まった瞬間は、見えにくいということが心配でやっぱり外でやりたかったなーなんて一瞬思ったりもしてしまったけれども。この曲を聞いた時本当にファイナルがここでよかったと思った。

 

アンコールというのはライブハウス独自の文化だと思う、だから店舗さんなどでやるリリースイベントでは起こりえないことなのだが、emoというしっかりしたライブハウスでファイナルができたからこその奇跡だと思った。ファイナルにふさわしい最高のライブを見せてくれたと思う。

 

 

2部の特典会、全チェキの列がものすごく長かった。

初期衣装ということもあるけれど、アンコールを含めたライブの満足度がすごく高かったことを表していたんだろうなと思った。もちろん自分も撮った。

 

そして2部では私物サインがあった。

私はるりちゃんからチェキ帳とモバイルバッテリーにサインをもらった。

 

チェキ帳はむすびズムだけではなく私がヲタクをはじめてからのチェキが全部入っているものだった。だから、自分にとってのアイドルとの思い出の象徴みたいなものだ。

そんな大切なチェキ帳には、大好きなむすびズムのるりちゃんのサインを入れてほしいと思って持って行った。

 

もうすこしで埋まりそうな1年分のチェキ帳。もっともっとむすびズムとの思い出をたくさんたくさん更新していきたかったなと最近チェキ帳をみるたび思ってしまう。

むすびズムが終わったらアイドルと頻繁にチェキを取ることもなくなるだろうから、もしかしたらこれが最後のチェキ帳になるのかもしれない。

 

そんないろいろ思いがあるチェキ帳なのだが、そこまで伝える時間がなくてるりちゃんにパッと渡したら

「りゅーねのるりかチェキ」

とるりちゃんが書いてくれた。るりちゃんのチェキだけじゃなくて、他のチェキとかもいろいろ入っていたチェキ帳だったけど、やっぱりるりちゃんの思い出がとっても強いチェキ帳なのでそれで正解だなと思った。

そしてもっと時間があったらほんとうにるりちゃんのチェキ帳にできたのになとも思った。

 

モバイルバッテリーは、普段持ち歩くなにかにサインがほしいなって思ってもらった。

実際持ち歩いて1日に1回はかならずサインを見ているから、ここにるりちゃんの文字が入ってよかったなと思った。

 

個別チェキではミサちゃんとたくさんお話ができたのが印象的だった。

衣装が凄く似合ってて絶対取りたいと思ったというのが理由の一つで、もう一つはファイナルの感想をミサちゃんにちゃんと伝えたいと思ったからだ。

 

 

ファイナルとかそういう節目のタイミングではミサちゃんにちゃんと思いを伝えたいという気持ちがすごく湧いてくるのしそれを真剣に受け止めてくれるので、やっぱりミサちゃんはむすびズムのリーダーにふさわしいなとおもった。

 

るりちゃんとはこの日も本当に楽しくお話できて、るりちゃんとお話していると解散は嘘なんじゃないかというくらい何もかも忘れて楽しい気持ちになれる。

そんな明るいるりちゃんだか好きになったんだろうなとこの日も改めておもった。

 

特典会の最後のるりか列のループも凄くよかった。

愛情を持ってアイドルに接しているヲタクは本当に好きです。

 

 

そうしてこの日でリリースイベントが終了。

感謝状とリハーサル分のポイントも交換することができたし、あっというまだったけどとっても充実感があって幸せなリリースいべんとだった。

むすびズムのことをもっともっと好きになった。

 

むすびズムのライブが見られる機会はもうあと2回しかないけれど、大切に一生忘れない思い出として胸に刻んでいきたい。

 

残された時間をキラキラに愛して。

 

f:id:ryune04:20171130232300j:plain

 

*1:o(。>ω<。)o